世名 和正のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Kansas: Leftoverture / Point Of Know Return

<<   作成日時 : 2018/08/05 00:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカン・アート・ロックの最高峰であるカンサスの全盛期は、奇跡的に到来したと言える。

何故なら、ヒット曲を作れという要請に応えるかたちで制作した''Masque(http://07355934.at.webry.info/201807/article_7.html)''はヒットには至らず、さらに4thアルバムの曲作りに入る頃にはメイン・ソングライターの1人であるスティーヴ・ウォルシュ(ヴォーカル兼キーボード)がスランプに陥っていたからだ。

当時ケリー・リヴグレン(ギター兼キーボード)にかかっていたプレッシャーは相当なものだったらしく、「まるで額に銃を押しつけながら曲を書いていたようだった」と語ったとのこと。

しかし、そうした危機的状況がケリーの創造性に火を付けたのか、4thアルバムである''Leftoverture''はカンサスの最高傑作と呼ぶに相応しい作品に仕上がった。
画像


海外ドラマ「スーパーナチュラル」にも使用されたヒット曲''Carry On Wayward Son''を筆頭に、この世界における自分の居場所を模索していることを歌った''The Wall''、そしてメンバー全員で書き上げた大作''Magnum Opus''等、捨て曲は一切無し。

カンサスの成功は、ケリー無しでは絶対にあり得なかった。

''Original Album Classics(http://07355934.at.webry.info/201807/article_5.html)''をあえて買わずに、1枚だけオリジナル・アルバムを買うとしたら''Leftoverture''がお勧めですね。




5thアルバムである''Point Of Know Return''はカンサス最大のヒット曲である''Dust In The Wind''が収録され、ファンの間で「''Leftoverture''と''Point Of Know Return''のどちらが最高傑作か」と議論されたと言われる作品なのだけれど、私は正直言ってこのアルバムがあまり好きじゃなかった(苦笑)
画像


素材(曲)が悪いとは思わないし、アレンジも決して悪くない。

''Dust In The Wind''を筆頭に地球を訪れ、化学や知識を共有しようと望むも、核戦争によって惑星全体が壊滅してしまったこと、すなわち「Nobody's Home=誰もいない」ということを知った異星人の心境''を歌った''Nobody's Home''など、好きな曲はあるのだけれど、何故かこのアルバムのことが好きになれなかったのだ。

ライヴ・バージョンは好きだったりするから、もしかしたら、メンバー内の不和を無意識のうちに感じ取ったことや、スタジオを途中で変えたことで楽曲の勢いが失われたからなのかなとも思う。

''Point Of Know Return''の制作時、スランプから立ち直ったスティーヴは「今度は俺の自由にやらせてもらう」と言ったが拒否され、数日間ではあるもののバンドを脱退していたとのこと(そういう話を知ると、やっぱり悲しいね)。

ただ、それでも素材(曲)が良いのは間違いない。

プチELPな''The Spider''やハワード・ヒューズを題材にした''Closet Chronicles''、そしてスティーヴのペンによるポップな表題曲。

いくつかの曲は「スタジオは微妙だけどライヴ・バージョンは良いね」と思うけれど、素材レベルでダメな曲は1つもない。

しかし、やはり最もリスナーの心を打つ曲はケリーの書いた曲だと言える。

先に述べた''Nobody's Home''はもちろん、''Dust In The Wind''もケリーの書いた曲であった。

アメリカ原住民の詩にインスピレーションを受けて書いたというこの曲の歌詞は一見すると悲観的に思えるけれど、その奥には哲学があり、オール・アコースティックのアレンジも儚さを醸し出している。

本当にいい曲だと思う。




''僕はまぶたを閉じる、ほんのしばしの間
そしてその瞬間も過ぎてゆく
僕のすべての夢は
目の前を通り過ぎるただの好奇心
風の中の塵
すべてのものは風の中の塵

しがみつくな
大地と空の他には何も残らない
事物は君をすり抜けてゆく
金で時は買えないのだ
風の中の塵
僕らはすべて風の中の塵''

[''Dust In The Wind''の和訳から抜粋]



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Kansas: Leftoverture / Point Of Know Return 世名 和正のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる