プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の日記 [第2章 アグストリアの動乱 前編]

何となく憂鬱な日々が続く中、「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」のプレイ日記第三弾(前編)、始まります(笑) ヴェルダンとの戦いを終え、ようやく一息つけるかと思いきや、今度は隣国アグストリア諸公連合との戦いへと身を投じる事となるシグルド様。 アグストリア諸公唯一の良心、エルト兄様ことエルトシャンはアグストリア王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第1章 精霊の森の少女編]

連れさらわれたお姫様エーディンを救うため、ヴェルダン王国との国境に位置するエバンス城を制圧したシグルド軍。 すると隣国アグストリアの諸公の一人であり、シグルド様の親友であるエルトシャンが城を訪れるので事情を説明すると、彼は背後を守ることを約束してくれます。 一方、ヴェルダンのジェノア城では第二王子であるキンボイスが、子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [序章 聖騎士誕生編]

前回書いた通り、レトロフリークが故障したため、「ポケモン リーフグリーン」のプレイ日記の続きが書けなくなってしまった(苦笑) DSライトのミニマム画面は見ていてとても疲れるため、完全に意気消沈。 しかし、何かしらのプレイ日記は書きたいと思っているので、Wii Uのバーチャルコンソールで購入したシミュレーションRPG(ストーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挫折とWii U

レトロゲームのプレイにおける最終兵器であるレトロフリークが壊れてしまい、現在プレイ中だった「ポケモン リーフグリーン」を含め全てのデータが終了した(泣) 確かにレトロフリークは壊れやすいとは聞いていたけれど、ここ最近は稼働率が低いにもかかわらずお亡くなりになるなんて……(苦笑) 「ポケモン」はソフトとDSライトがあるからプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kansas / The Classic Albums Collection 1974 - 1983

最近になって、カンサス(アメリカのアート・ロック・バンド)のボックスセットを中古店で見つけ購入した。 これは1974年発売のデビュー作''Kansas''から、1983年発売の''Drastic Measures''までの10作品11CDが入っていて、タワレコで新品を買おうものなら1万円以上の出費がかかる代物だ。 国内規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑多な話 その16

[選挙後雑感] 「選挙は国民の義務です」 公務員だった父方の叔母は、かつてそう言っていた。 亡くなった祖父の葬儀にまつわるトラブルをきっかけに、私は彼女を含め父方の親戚が嫌いになったのだけれど、そんな人でも一度や二度くらいは良いことを言うものだ。 期日前投票で予め一票投じた私と家族は 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ポケモン リーフグリーン その5

「プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その4」の続きです。 タイトルがファイアレッドからリーフグリーンに変わり、主人公の名前がサリアからセリーナに変わっていますが、まぁお気になさらずに(笑) また、使うポケモンも少々変更しており、新ラインナップは以下の通り。 相棒がリザードン(サランドラ)なのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブロブ 宇宙からの不明物体

幼い頃にテレビで見た映画の中で、ピンクのスライムが人々に襲い掛かるモンスター・パニックものがあった。 記憶は殆ど失われているため、覚えているのは排水口から飛び出したスライムが男性の顔面にひっつくシーンと、赤ちゃんをお風呂に入れるためにバスタブにお湯を入れていたら途中でお湯の代わりにスライムが出てきて、母親である女性が間一髪のところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアル

サイトの大規模メンテナンスとやらで、管理画面やら何やらが大幅に変わった。 管理画面はとりあえず慣れれば大丈夫っぽいけれど、気持ち玉が無くなって他ブログの訪問が不便になったのが一番イタい(苦笑) 気持ち玉の有無はやっぱり、モチベーションに大きな影響を与えると思う。 まぁ、気持ち玉は1ヶ月後に復活させるみたいなことを運営側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Origa: リラからの風 / アリア

オリガは2015年に肺癌による心不全により、44歳という若さで亡くなったロシア人女性歌手。 彼女は1996年あたりから日本を拠点に活動するようになり、後にアニソンやゲーム音楽も歌うようになったから、そっち系のファンには知られているかも知れない。 特筆すべきは声の美しさで、クリスタル・ボイスと呼ぶに相応しい声の持ち主は彼女しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実写版アラジン

実写版の「アラジン」は正直観る気がしなかったのだが、父がやたらと「観よう観よう」と言うもんだから渋々観に行った(苦笑) 何故乗り気じゃなかったのかというと、主演の2人に魅力を感じないうえに私が嫌いな俳優気取りのラッパー、ウィル・スミスが出ており、さらにリアルジャスミンの「私が‼私が‼」が酷いと聞いたから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その4

「プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その3」の続きです。 2つ目の秘伝マシンを手に入れたら、次の目的地であるイワヤマトンネルへと向かうため、ハナダシティの東にある9番/10番道路へ。 ピクニックガール:「あら ポケモン もってるわね … カモ だわ!」 私:「それはこっちの台詞です」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その3

一度失ったゲームのモチベーションを復活させるのは難しい。 最初は続きからやろうと思ったけれど、結局やる気は出ず(苦笑) なので、思い切って最初からやり直すことにした。 オーキド博士:「ポケット モンスターの せかいへ ようこそ!」 ポケモンやスーファミ/ファミコン時代のRPGをやる度にいつも思うけれど、オール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑多な話 その15

[令和おじさん] 菅官房長官は新元号の発表を機に令和おじさんと呼ばれ、ちょっとした人気者になっているらしい(画像はガチャガチャの令和バッジ)。 ただ、私は彼についてちょっぴり複雑な感情を抱いている。 共産党員だったかつての彼のことを知っているからだ(安倍氏は「菅は良い奴だから使ってる」的なことを言ったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rammstein / 無題

世界で最も成功したドイツ語で歌うメタルバンド、ラムシュタインが10年振りに新作を発表した。 タイトルの付けられていない同作は、統制のとれた軍隊のような演奏にドスの効いたバスヴォーカル、そしてテクノ由来の時に古めかしいキーボードをフィーチャーした基本路線はそのままに、何処か人間的な印象を受ける作品となっている。 人間の攻撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その2

「プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その1」の続きです。 最初のジム戦を快勝し、ランニングシューズを受け取ったら お月見山へと向かいつつトレーナー相手に経験値稼ぎ。 ミニスカート:「ちょっとキミ!今私の方見たでしょ」 私:「見てない見てない」 短パン小僧:「なんだよ!お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その1

最初は書かなくても良いかなと思っていたけれど、気が向いたので「ポケモン ファイアレッド」のプレイ日記を書いてみることにした。 そもそもポケモンを急にやりたくなったのは、ニンテンドーSwitch用に発売された「Let's Goピカチュウ/イーブイ」がきっかけなのだけれど、私が持っている任天堂のゲーム機はDSライトしかない。 か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今さらながら

最近になって何故か無性にポケモンをやりたくなったので、1~2週間程前からポケモンを収集している。 しかし、私が持っている任天堂のゲーム機はDSライトしかなく、スマホゲームの「ポケモンGO」は バッテリーが勿体ないし特にやりたくもない ので、とりあえずDS及びゲームボーイアドバンス用に発売されたもののみ購入した。 「エメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Opeth / Ghost Reveries

スウェーデンのバンドであるオーペスは、最初期のゴシック・メタルとアート・ロックを融合させたバンド。 最初期のゴシック・メタル…すなわち、スローで陰鬱なデスメタルであった真のゴシックをやっているバンドは極めて珍しい。 あの音楽は今ではほぼ完全に、メランコリックで自己陶酔的なものへと変わってしまったからだ。 中心人物である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑多な話 その14

[幕開け] 年末年始共に雨ではあったものの、大きな混乱も無く平成が終わり、令和が幕を開けた。 個人的に忌々しい思い出ばかりだった30年間が終わったこともあってか、今までよりも気持ちは晴れている。 どうも好きになれない東京に行った疲れはあるものの(笑)、訳もなくイライラしたり、憂鬱になることもなくなった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more