雑多な話 その27

[元通り] とりあえず緊急事態宣言が解除され、数日が経った今日この頃。 基本的に人混みが嫌いで夜遊びもしない私にとっては、マスクが必須ということを除いてほぼ元通りとなりました。 自粛ムードの反動か、横浜も人通りが増えましたね。 給付金の申請書が届けばなお良いのですが、横浜市はやる事が遅いので、もう少し…
コメント:2

続きを読むread more

『マジック・ブック』後書き: プロローグ編

知っての通り、二回に分けて私の長編小説『マジック・ブック〜夢の箱庭』のプロローグを公開した私。 この作品はおそらく私が生涯に渡って書き続けるであろう、一つの大きな物語の一部であり、1951年生まれの12歳のイギリス人少年ウィリーとパットを主人公としています。 最初期は臨死体験と夢を組み合わせた内容で主人公も一人でしたが、途中…
コメント:4

続きを読むread more

マジック・ブック〜夢の箱庭: プロローグ [後編]

[注意事項: コピー及び転載は禁止です] 「あっ‼︎パット‼︎来てたんだ‼︎」 「ふぅ……やっと気付いたか」 「ごめんね。本を読んでて気づかなかったよ……」 「だと思ったぜ。……どうせ、姉貴の本だろ?」 「アハハッ、バレた?……それよりも、何で玄関から入らないの?」 「だって、お前の母さんがいるだろ?……あの…
コメント:4

続きを読むread more

マジック・ブック〜夢の箱庭: プロローグ [前編]

[注意事項: コピー及び転載は禁止です] 新学年を前にした最後の夏休み、十二歳のパット・リーガンはベッドの上でうなされている。 苦しそうに呻きながらベッドの上でもがいていることから、よほど酷い悪夢を見ているのだろう。 そして次の瞬間、突如目を覚ましたパットが恐怖の叫び声と共に起き上がった。 彼の息は荒く、額からは…
コメント:4

続きを読むread more

雑多な話 その26

[公開後の雑感] 知っての通り、先月から私が書き溜めていた小説のうちの一つである、 『張りあう悪魔と何もない少女』 を試験的に公開しました。 その結果、いつも以上に多い気持ち玉とコメントに励まされた私。 「小説だけ書けば?」と家族に言われ、随分と悩みましたが、前回と同様に少しずつ公開していくことにしまし…
コメント:2

続きを読むread more

張りあう悪魔と何もない少女 [解説]

前回お伝えした通り、今回は大人向けの絵本をコンセプトにした短編小説 『張りあう悪魔と何もない少女』 の解説をしていきます。 何故解説を書こうとしたのかと言いますと、私は音楽等での作者による解説を読むのが好きで、私が作家であれば同じことをしようと思っていたからですね。 では、これから解説を始めます。 きっ…
コメント:6

続きを読むread more

張りあう悪魔と何もない少女 [後編]

[注意事項: コピー及び転載は禁止です] 「……水の中で、何も考えずにじっとしているの。何か考えてしまったり、先に水から顔を出してしまった方が負けよ」 「え?……本気かい?」 「えぇ……嫌かしら?」 「う……ううん……いいよ……やろう……」 エヴァの意外な言葉にルインファスは動揺を隠せませんが、…
コメント:4

続きを読むread more

張りあう悪魔と何もない少女 [中編]

[注意事項: コピー及び転載は禁止です] 〈やぁやぁ、驚かせてしまったね。キミ達が楽しそうにしているから、僕も仲間に加えてもらおうと思ったんだ〉 マイク達の胸に、青年の声が響きました。 それは穏やかではありますが、聞く者をどことなく不穏な気持ちにさせます。 「加えてもらおうって……お前、誰だよ‼︎」 …
コメント:2

続きを読むread more

張りあう悪魔と何もない少女 [前編]

[注意事項: コピー及び転載は禁止です] 十八歳の高校生エヴァは、独り自室で溜め息をつきました。 明日から始まるクラスメートとのキャンプを前に、憂鬱な気持ちになっていたのです。 「明日はキャンプか……。それは別に良いけど、私の班にはマイクとテッド、ビリーにキャシーそしてジェシカがいるなんて……嫌だなぁ。きっと、また…
コメント:2

続きを読むread more

解禁

以前書きましたが、私は日常生活を送る傍らで小説を書いています。 出来ることならば出版にまでこぎ着けたいところですが、昨今の社会情勢を考えると、とてもではありませんがそれは現実的ではない(苦笑) しかし、それでも最低限何らかの形で発信したいというのが、私の正直な気持ち。 なので、試験的に大人向けの絵本をコンセプトにした短…
コメント:2

続きを読むread more

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

5月6日までの間、「アンチャーテッド」シリーズの初期作品が3本入りの「アンチャーテッド コレクション」と「風ノ旅ビト」なるゲームがPSN上で無料配信されている。 不要不急の外出を控えるよう要請されている以上、必然的に誰もが家にいる時間が長くなっていますが、家にいても退屈しないようにと配慮したかたちで上記した2作品が無料配信されたん…
コメント:2

続きを読むread more

ヘキサゴナイト

ミニ四駆「ヘキサゴナイト」は、ジャパンカップ30年を記念した「ミニ四駆デザインコンテスト2018」のタミヤ賞に輝いたデザインを商品化したもの。 正直に言うとライトグレーのシャーシが欲しくて買っただけの車なのですが、 「せっかく買ったんだから、作らなくては」 と思い、昨日になってようやく制作に着手。 塗り分けが面倒臭い…
コメント:2

続きを読むread more

緊急事態ですと⁈

知っての通り、緊急事態宣言が発出された。 法的拘束力がない以上、効果は限定的であるけれどそれでも少なくとも1ヶ月は今まで以上に自粛ムードが高まりそうだ。 まぁ、元々人混みが嫌いで夜遊びもしない私としては普段と大して変わらない。 個人的に残念なことと言えば、行きつけの中古CDショップである「ディスクユニオン」が臨時休業に…
コメント:2

続きを読むread more

雑多な話 その25

[閉塞感] 誰もが感じているだろうけれど、コロナウイルスに起因する昨今の閉塞感には正直うんざりしている。 ウイルスに対する不安や恐怖はないけれど、外出の頻度は大幅に減った。 いずれは終わるのでしょうが、実際いつまで続くんでしょうね? ちょっと前まで日本を嘲笑していた欧米諸国は、既に万単位の感染者が出て…
コメント:2

続きを読むread more

ドック在籍時代のVader

ポーランド出身のデス・メタル・バンドであるヴェイダーは、共産主義時代から活動していたバンドで、どこまでが本当なのかは分からないが命懸けでメタルをやっていたとのこと。 音楽的には神秘主義や神話をモチーフにした哲学的かつ文学的なデス・メタルをやっており、ブラック・メタル的な反キリスト教の要素もある(中期からは音的にもブラックの要素を取…
コメント:2

続きを読むread more

雑多な話 その24

[ドッカーン‼︎] 数日前、妙に生々しい夢を視た。 夜中に外を歩いていた私があまりの強風に進めない中、近くにあった火山が突如爆発し、火砕流が発生するというものだ。 迫り来るそれを避けた私だが、周りは大惨事。 そして次の瞬間、赤々と燃える噴火口がしばらくの間はっきりと視えたところで突然目を覚ました。 …
コメント:4

続きを読むread more

陰陽座 / 鬼子母神

未だ更新するモチベーションが上がらない、今日この頃(苦笑) 今回は陰陽座の2011年作である『鬼子母神』を取り上げてみます。 捨て曲あるいは「悪くはないけど、あのアルバムに入れるべきだったね」といった曲が無いという意味では、本作が彼らの最高傑作だと言えますね。 陰陽座のアルバムは基本的に単体では意味をなさない『忍法…
コメント:2

続きを読むread more

Reaper Of Souls [ボディのみ]

ここ最近は失望と怒りに苛々している為、なかなか更新する気になれない(苦笑) その原因は例のコロナ騒ぎをきっかけに起こった買い占めや、全国の電車内で度々起こる馬鹿馬鹿しいトラブル等。 テレビやネットを問わず、その目的が扇動である事を理解すると、色んな意味で嫌気がさしてくる。 前から薄々分かってはいたけれど、ああいう事態に…
コメント:2

続きを読むread more

Diablo / Evangel

過去に作成したミニ四駆の中で、自分でも良い仕上がりだと満足できるものは、いくつかある。 以前アップした牛頭はもちろん、イヴと天使をモチーフにした''Evangel''もその一台。 けれど、総合的に見て一番良く出来ているのは、悪魔をモチーフにした''Diablo''かなと思う。 ウイングだけはなかなかしっくりくる…
コメント:2

続きを読むread more

雑多な話 その23

[バイ菌とサバイバル] 知っての通り、スーパーやドラッグストア等で紙製品が売り切れている。 なんでも、紙がなくなる的な報道を真に受けた一般ピープルがマスクだけでは飽き足らず、ティッシュやトイレットペーパーを買い占めたからなのだそうだ。 馬鹿な話だ、オイルショックじゃあるまいし。 大体、日本で出回ってい…
コメント:2

続きを読むread more