プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第5章 運命の扉 後編]

長かった「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」のプレイ日記も、今回と番外編を残すのみ。 以前書いた通り、番外編を書いたらひとまず本作のプレイ日記を一旦休止したいと思います。 ……と、告知はここまでにして、政敵ランゴバルトを倒しリューベック城を制圧したシグルド様。 そのことはもう一人の政敵レプトールを動揺させますが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第5章 運命の扉 前編]

''Diablo 3''に浮気しつつも、親の世代が終わるまではしっかりと続ける「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」のプレイ日記ですが、親の世代もついに最終章に突入。 第5章は命かながら聖剣ティルフィング(ただし、壊れている)を渡そうとするシグルド様の父上バイロン卿を助けなくてはいけない ため、冒頭からかなり忙しいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑多な話 その18

[Diablo再び] 「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」をプレイしてはいるものの、アップデートされた''Diablo 3''の事が気になって気になって仕方がなくなり、ちょっぴり浮気したらこれがまた面白いこと(笑) 国産ゲームとは違って苦行要素が無いってのが良いですね、いやぁホント良いよ。 先の台風の通過中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第4章 空に舞う 後編]

トーヴェ城を制圧すると、ダッカー公が待ってましたと言わんばかりに部下のパメラを出撃させますが、 シレジア城からも四天馬騎士のトップであるマーニャの部隊が出撃。 やがて両軍が激突しますが、 敵側にはダッカー公の密約によって駆けつけた弓騎士団バイゲリッターが……。 弓に弱い天馬騎士団では勝てるはずもなく、マー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第4章 空に舞う 前編]

反逆者の汚名を着せられるも、中立国シレジアの助けによって難を逃れるシグルド様一行。 第4章開始早々にシレジア王妃ラーナが訪れ、近況報告とセイレーン城を狙っているマイオス公についての忠告その他諸々のやり取りがあるのだけれど、 これが結構長い(苦笑) 親と国を捨てた馬鹿息子に御立腹のラーナ王妃、まぁ当然ですな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第3章 獅子王エルトシャン 後編]

マディノ城を制圧され、単身シルベール城に逃げ込むや否やエルト兄様に「何をしていたのだ!敵と通じて国を滅ぼす気か!」と怒鳴りちらすシャガール王。 忠義と友情の狭間に苦しむエルト兄様でしたが、流石にそこまで言われてしまうと折れてしまい、難敵クロスナイツを率いてついに出撃します。 エルト兄様は今までのボスとは桁違いの強さで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第3章 獅子王エルトシャン 前編]

国からの命令でアグストリアの治安維持の為に駐留しつつも、王都アグスティ返還の交渉を続けるシグルド様。 しかし、我が物顔でアグストリアを闊歩するグランベルの役人達に対する人々の不満が膨れ上がり、不穏な空気が流れるなかまたもや戦いが始まります。 たったの一年も待てずに、アグスティ城奪還の為に兵を挙げるアグストリア王シャガール。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑多な話 その17

[PS2用 HDMIコンバーター] 半ばゲームブログと化している中、またもやゲーム関連のお話です(笑) テレビを買い換えて以降、D端子の使えるテレビがなくなってしまったので、プレステ2が出来なくなっていた。 一応ビデオ端子は付いているのでプレイ出来なくはないけれど、随分前に捨ててしまったのか家を探しても見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第2章 アグストリアの動乱 後編]

アンフォニー城を制圧し、第2章もいよいよ後編へと突入です。 日和見主義に走っていたマッキリー城主クレメント司祭もついに軍隊を出撃させますが、 彼の軍はスリープの杖(半径10マスいないの敵を眠らせる)の効果範囲に入らない限りは襲って来ないので、とりあえずはアグスティ城からやって来る二個小隊とシャガールに騙されたフュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の日記 [第2章 アグストリアの動乱 前編]

何となく憂鬱な日々が続く中、「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」のプレイ日記第三弾(前編)、始まります(笑) ヴェルダンとの戦いを終え、ようやく一息つけるかと思いきや、今度は隣国アグストリア諸公連合との戦いへと身を投じる事となるシグルド様。 アグストリア諸公唯一の良心、エルト兄様ことエルトシャンはアグストリア王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [第1章 精霊の森の少女編]

連れさらわれたお姫様エーディンを救うため、ヴェルダン王国との国境に位置するエバンス城を制圧したシグルド軍。 すると隣国アグストリアの諸公の一人であり、シグルド様の親友であるエルトシャンが城を訪れるので事情を説明すると、彼は背後を守ることを約束してくれます。 一方、ヴェルダンのジェノア城では第二王子であるキンボイスが、子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 [序章 聖騎士誕生編]

前回書いた通り、レトロフリークが故障したため、「ポケモン リーフグリーン」のプレイ日記の続きが書けなくなってしまった(苦笑) DSライトのミニマム画面は見ていてとても疲れるため、完全に意気消沈。 しかし、何かしらのプレイ日記は書きたいと思っているので、Wii Uのバーチャルコンソールで購入したシミュレーションRPG(ストーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挫折とWii U

レトロゲームのプレイにおける最終兵器であるレトロフリークが壊れてしまい、現在プレイ中だった「ポケモン リーフグリーン」を含め全てのデータが終了した(泣) 確かにレトロフリークは壊れやすいとは聞いていたけれど、ここ最近は稼働率が低いにもかかわらずお亡くなりになるなんて……(苦笑) 「ポケモン」はソフトとDSライトがあるからプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kansas / The Classic Albums Collection 1974 - 1983

最近になって、カンサス(アメリカのアート・ロック・バンド)のボックスセットを中古店で見つけ購入した。 これは1974年発売のデビュー作''Kansas''から、1983年発売の''Drastic Measures''までの10作品11CDが入っていて、タワレコで新品を買おうものなら1万円以上の出費がかかる代物だ。 国内規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑多な話 その16

[選挙後雑感] 「選挙は国民の義務です」 公務員だった父方の叔母は、かつてそう言っていた。 亡くなった祖父の葬儀にまつわるトラブルをきっかけに、私は彼女を含め父方の親戚が嫌いになったのだけれど、そんな人でも一度や二度くらいは良いことを言うものだ。 期日前投票で予め一票投じた私と家族は 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ日記: ポケモン リーフグリーン その5

「プレイ日記: ポケモン ファイアレッド その4」の続きです。 タイトルがファイアレッドからリーフグリーンに変わり、主人公の名前がサリアからセリーナに変わっていますが、まぁお気になさらずに(笑) また、使うポケモンも少々変更しており、新ラインナップは以下の通り。 相棒がリザードン(サランドラ)なのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブロブ 宇宙からの不明物体

幼い頃にテレビで見た映画の中で、ピンクのスライムが人々に襲い掛かるモンスター・パニックものがあった。 記憶は殆ど失われているため、覚えているのは排水口から飛び出したスライムが男性の顔面にひっつくシーンと、赤ちゃんをお風呂に入れるためにバスタブにお湯を入れていたら途中でお湯の代わりにスライムが出てきて、母親である女性が間一髪のところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアル

サイトの大規模メンテナンスとやらで、管理画面やら何やらが大幅に変わった。 管理画面はとりあえず慣れれば大丈夫っぽいけれど、気持ち玉が無くなって他ブログの訪問が不便になったのが一番イタい(苦笑) 気持ち玉の有無はやっぱり、モチベーションに大きな影響を与えると思う。 まぁ、気持ち玉は1ヶ月後に復活させるみたいなことを運営側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Origa: リラからの風 / アリア

オリガは2015年に肺癌による心不全により、44歳という若さで亡くなったロシア人女性歌手。 彼女は1996年あたりから日本を拠点に活動するようになり、後にアニソンやゲーム音楽も歌うようになったから、そっち系のファンには知られているかも知れない。 特筆すべきは声の美しさで、クリスタル・ボイスと呼ぶに相応しい声の持ち主は彼女しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実写版アラジン

実写版の「アラジン」は正直観る気がしなかったのだが、父がやたらと「観よう観よう」と言うもんだから渋々観に行った(苦笑) 何故乗り気じゃなかったのかというと、主演の2人に魅力を感じないうえに私が嫌いな俳優気取りのラッパー、ウィル・スミスが出ており、さらにリアルジャスミンの「私が‼私が‼」が酷いと聞いたから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more