ドック在籍時代のVader

ポーランド出身のデス・メタル・バンドであるヴェイダーは、共産主義時代から活動していたバンドで、どこまでが本当なのかは分からないが命懸けでメタルをやっていたとのこと。 音楽的には神秘主義や神話をモチーフにした哲学的かつ文学的なデス・メタルをやっており、ブラック・メタル的な反キリスト教の要素もある(中期からは音的にもブラックの要素を取…
コメント:2

続きを読むread more

雑多な話 その24

[ドッカーン‼︎] 数日前、妙に生々しい夢を視た。 夜中に外を歩いていた私があまりの強風に進めない中、近くにあった火山が突如爆発し、火砕流が発生するというものだ。 迫り来るそれを避けた私だが、周りは大惨事。 そして次の瞬間、赤々と燃える噴火口がしばらくの間はっきりと視えたところで突然目を覚ました。 …
コメント:2

続きを読むread more

陰陽座 / 鬼子母神

未だ更新するモチベーションが上がらない、今日この頃(苦笑) 今回は陰陽座の2011年作である『鬼子母神』を取り上げてみます。 捨て曲あるいは「悪くはないけど、あのアルバムに入れるべきだったね」といった曲が無いという意味では、本作が彼らの最高傑作だと言えますね。 陰陽座のアルバムは基本的に単体では意味をなさない『忍法…
コメント:2

続きを読むread more

Reaper Of Souls [ボディのみ]

ここ最近は失望と怒りに苛々している為、なかなか更新する気になれない(苦笑) その原因は例のコロナ騒ぎをきっかけに起こった買い占めや、全国の電車内で度々起こる馬鹿馬鹿しいトラブル等。 テレビやネットを問わず、その目的が扇動である事を理解すると、色んな意味で嫌気がさしてくる。 前から薄々分かってはいたけれど、ああいう事態に…
コメント:2

続きを読むread more

Diablo / Evangel

過去に作成したミニ四駆の中で、自分でも良い仕上がりだと満足できるものは、いくつかある。 以前アップした牛頭はもちろん、イヴと天使をモチーフにした''Evangel''もその一台。 けれど、総合的に見て一番良く出来ているのは、悪魔をモチーフにした''Diablo''かなと思う。 ウイングだけはなかなかしっくりくる…
コメント:2

続きを読むread more

雑多な話 その23

[バイ菌とサバイバル] 知っての通り、スーパーやドラッグストア等で紙製品が売り切れている。 なんでも、紙がなくなる的な報道を真に受けた一般ピープルがマスクだけでは飽き足らず、ティッシュやトイレットペーパーを買い占めたからなのだそうだ。 馬鹿な話だ、オイルショックじゃあるまいし。 大体、日本で出回ってい…
コメント:2

続きを読むread more

レイザーバック / 牛頭

最近は買っていなかったものの、先月頃から密かにミニ四駆を購入している私。 今回は「レイザーバック」 という車の限定版である、クリアーバイオレット仕様のものを作ってみました。 シャーシとAパーツの色が気に入らなかったので両者を黒で統一し、ボディも艶なしの黒で統一しました。 写真では分かりにくいですが、ウィン…
コメント:2

続きを読むread more

Týr / Ragnarok [おまけ付き]

北欧神話には、''ラグナロク(神々の黄昏)''という終末論がある。 それは''ヴァルヴァなる巫女が主神オーディンに語った予言''という形で語られており、最終的には 主たる神々は全て討死にし、地上は最後に生き残った火の巨人スルトによって焼き尽くされてしまう のだそうだ。 そしてラグナロクによって死んだ者達はニヴルヘ…
コメント:2

続きを読むread more

Living Colour / The Paris Concert [おまけ付き]

まさかこれが手に入るとは、思ってもいなかった。 世界最強のブラック・バンドであるリヴィング・カラーが、2007年にパリで演ったライヴのDVDのことである。 演奏している黒人そのものが絶滅の危機に瀕している昨今において、一度は解散したもののいまだ現役である彼ら。 どんなに小さな会場でも決して手を抜かないというそのパフ…
コメント:2

続きを読むread more

Marta Król / Thank God I'm A Woman

ポーランド人ジャズ・シンガーであるマルタ・クロールのアルバムは自主制作ながらも人気が高く、その好評っぷりは例えネット通販であっても見つけ次第買わないと売り切れてしまうほど。 今回取り上げる2ndアルバム''Thank God I'm A Woman'' は2020年時点ではiTunesでダウンロード可能なので、単に聴くだけで…
コメント:2

続きを読むread more

リアルミニ四駆 / バックブレーダー [おまけ付き]

今から20年以上前、ミニ四駆というものが小学生男子の間でブームになった。 元々はラジコンの買えない家庭の子供向けに作られた前にしか進まない1/32スケールの車の玩具なのだけれど、壁に沿って走らせる競技が全国で開催。 当時連載されていた漫画の影響もあって、色々な車が発売された。 一時期下火になったけれど、第二世代と呼ばれ…
コメント:2

続きを読むread more

陰陽座 / 臥龍點睛 [おまけ付き]

私が陰陽座というメタル・バンドを聴いたのは、2005年作である「臥龍點睛」 というアルバムが発売された頃であった。 全てのきっかけは以前書いたヤリチンくんが得意げに聴かせた「甲賀忍法帖」であり、同曲が「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜」なるアニメのタイアップ・ソングとなったことで、一般的な知名度もかなり高まってきた時期だと思う。 …
コメント:2

続きを読むread more

Paradise Lost / The Plague Within [おまけ付き]

ネット、テレビ問わず何かと騒いでいるコロナウイルスなる新種の病原菌。 特に日本はオリンピックを控えているだけあって、その騒ぎ方にかなりのキナ臭さを感じる。 新たな感染者ガー政府の対応ガーと、テレビもネットも大騒ぎ。 だがしかし横浜は近所、繁華街共に普段と大して変わらないように見えるし、外人も特に気にする様子もなく普通に…
コメント:2

続きを読むread more

陰陽座: 風神界逅 / 雷神創生 [おまけ付き]

陰陽座はその存在を知ったきっかけが良くなかったため、長らく彼らの作品を購入することは無かった。 何せ、とにかくヤリチンで下衆い男が陰陽座好きだったもんだから、とてもじゃないが聴く気がしなかったのだ(苦笑) しかし、2014年作である「風神界逅」と「雷神創生」でついに陰陽座のアルバムを購入した私。 その後も何度か聴か…
コメント:2

続きを読むread more

VII [おまけ付き]

今回取り上げるのは、「スター・ウォーズ」シリーズの「VII」。 ディズニー産になってからの「スター・ウォーズ」はあまり評判が宜しくないんだけれど、「VII」は割と良いかなと個人的には思う。 同作は新作というよりも「IV」のリメイクに近い作品で、基本的なストーリー展開は概ね「IV」と同じ。 ただ、驚くほど捻りがないシ…
コメント:2

続きを読むread more

☆雑多な話 その22 [おまけ付き]

[新作] 何か思いついては、ちまちまと小説を書いている私。 そして去年の終わり頃、新作のアイデアが浮かんだので、取り敢えずプロローグだけは書いてみた。 けっこう前に仕上げた短編小説は大人向けの絵本をコンセプトに虐めによって自信を失った18歳の少女が不思議な体験を機に内側から変わり始める''という物語だけれど…
コメント:2

続きを読むread more

ローグ・ワン [おまけ付き]

去年観た「IX」は、良くも悪くも「スター・ウォーズ」シリーズを買い集めるきっかけとなった。 個人的な評価の高い作品が「I〜III」であることは、この先変わらないと思う。 政治的かつ大人向けのストーリーは単純明快な「IV〜VI」よりも面白味があると思ったし、なによりもアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーへと堕ちていく過…
コメント:2

続きを読むread more

人間椅子 / 萬燈籠 [おまけ付き]

人間椅子は不遇の時期が長かった、遅咲きバンドと言える。 和嶋慎治(ヴォーカル兼ギター)が 「五十になってようやくバンドで食えるようになった」 というのだから、その苦労は計り知れず。 私は基本的に洋楽ばかり聴いていたため、彼らの存在を知ったのはほんの数年前のこと。 それまでは、日本のミュージシャンに殆ど興味がなかった…
コメント:2

続きを読むread more

Seal: Best 1991 - 2004 / Soul [おまけ付き]

今回取り上げるのはイギリス出身の歌手であるシールのベスト盤 と、デイヴィッド・フォスターがプロデュースしたソウル・カヴァー集「ソウル」。 シールは一度見ればまず忘れないであろう強面 が印象的で、大抵の人はひと目見た途端に怖がる……みたいです。 個人的にシールの顔は人が言うほど怖いとは思わないけれど、過去に彼の…
コメント:2

続きを読むread more

兀突骨 / 背水之陣

今回取り上げるのは、日本のテクニカル・デス/スラッシュ・メタル・バンド兀突骨(ごつとつこつ)の5thアルバム「背水之陣」。 リーダーの高畑(ヴォーカル兼ベース)と円城寺(ギター)、そして秋田(ドラムス)のトリオになってからの3作目である本作は、これまで以上に楽曲が複雑化した作品となっています。 詩の世界観も戦国武将の武士…
コメント:2

続きを読むread more