世名 和正のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Hatebreed /Supremacy

<<   作成日時 : 2018/02/28 04:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカのハードコア・バンドHatebreedのフロントであるJamey Jastaは、個人的に興味深い人物の1人である。
鬱病とアルコール依存症の病歴を持つ家族に生まれ、自身も2年半に渡って鬱状態になったにもかかわらず、今現在でもハードコアシーンを牽引しているからだ。
私は心理学の世界にいた時、こう教えられてきた。

''精神病を患ったら、絶対に治らない。薬で症状を抑えるしかない''と。

しかし、中には女優のレナ・ヘディのような例外もいるようであり、Jameyもその1人であった。

2006年に発売された''Supremacy''
画像

を出した当時はまだ完全には立ち直っていなかったようだが、このアルバムにおける彼のヴォーカルは過去作を遥かに上回る気迫を感じる。
それはまるで、自分の目の前で指を指されながら全力で訴えかけられているようであった。

''自分の支配権(Supremacy)を握ることを意味した''この作品は、全てが聴き手に向けたメッセージソングというわけではないし、言っていることも大して珍しいことでもないのだが、全編に渡って吠え猛るJameyのヴォーカルは彼の熱意をひしひしと感じる。

苦境に立たされている人々や国家を守る為に戦っている兵士達に全力でメッセージを送り、世の中の不正や現実問題に対しては憎悪を撒き散らす。

それがJamey Jastaという男なのだということを、私は''Supremacy''というアルバムを通じて知った。

音的には脳細胞が2〜3あれば理解できる単純なものだが、このアルバムの魅力は畳み掛ける脳筋ギターリフやゴリマッチョなコーラスだけでは決してないはずだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hatebreed /Supremacy 世名 和正のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる