世名 和正のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Black Sabbath

<<   作成日時 : 2018/01/11 22:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

Black Sabbathはいわゆるハードロック御三家の1つなのだが、中でも彼らはHeavy Metalの始祖と言われている。
しかし、私が好きだったのはロニー・ジェイムス・ディオ在籍時代のSabbathであり、オジー・オズボーン時代はあまり好きではなかった。
以前取り上げたオジーのソロ・アルバム'' Black Rain(過去記事はこちらhttp://07355934.at.webry.info/201707/article_3.html)でも書いた通り、オジーの声がどうしても好きになれなかったからだ。

だが、それでも1stアルバムである'' Black Sabbath''
画像

は以前から高く評価していたアルバムの1つで、悪名高い2009年リマスター音源であっても良い作品だなと感じるほどであった。
同作は後にDoom Metalと呼ばれる音楽の原型であるが、重い遅い暗いと三拍子揃っているのは表題曲くらいであり、後はジャズの要素のあるヘヴィー・ブルーズが中心となっている。
ちなみに Black Sabbathは悪魔崇拝と結びつけられていたようだが、それは同時代にいたBlack Widowと混同されたためであったらしい。
それでも、このアルバムがヒットしたのは、確か当時のイギリスではオカルトブームの真っ只中で、魔女や終末を題材にした歌詞やドロドロした音像が時代に合っていたからだった…かな(あんまよく知らんけど)。
本作が単に時代に合っていただけの作品なら、早々に見捨てられていただろうけれど、これは内容も良かったこともあり、発売から45年以上経った現在でも主にメタルファンの間で愛されている。

ロニー・ジェイムス・ディオ時代が好きであることは今も昔も変わらないが、オジー・オズボーン時代にも良い作品は多い。
1970年発表の'' Black Sabbath''は、Sabbathの歴史や音楽性においてはもちろん、ヘヴィー・メタルという音楽の歴史においても、最も重要なアルバムであると言えるだろう。

最後に余談だが、私はファンタジー好きではあるものの、オカルトグッズの類いはほぼ持っていない(石をオカルトグッズに含めるなら、いくつか持っているけどネ)けれど、
しかし、Anne Stokesという画家の絵をフィーチャーしたオカルト系のカードは持っている。
画像

画像

画像

画像


1セット4000円くらいする、べらぼうに高い代物だったけれど、後悔はしていない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Black Sabbath 世名 和正のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる