Love, Hate and Passion

アクセスカウンタ

zoom RSS The Best Of ELP

<<   作成日時 : 2018/01/24 04:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

ビクターから発売されたEmerson, Lake & Palmerのベスト盤(日本企画)は2012年の発売当時から興味があったものの、最近になるまで購入することはなかった。
画像


大して思い入れのあるバンドではないし、値段も3500円と非常に高い。
さらに、過去に購入した''Brain Salad Surgery''の日本盤は''Karn Evil 9''の''1st Impression〜2nd Impression''までの流れがシームレスではなかったため、「このベストも同じ仕様なのではないか」と疑念を抱いていたからだ。

しかし、いざ購入してみるとこちらは輸入盤と同じくシームレスになっていたため、ホッとひと安心した(良かった良かった)。

再結成後の曲は一切収録されておらず、全盛期の曲が中心となっている。

好きな曲は7曲しかなかったけれど…多分、ELPのベストはこれが決定盤だと思う(未だに値崩れしていないしね)。

以前書いたELPの記事(http://07355934.at.webry.info/201710/article_3.html)で取り上げた''Tarkus''と''Brain Salad Surgery''のベストテイク5曲からさらに2曲好きな曲があれば、とりあえずはOK。

何せ家にあるのは旧企画の音が悪いものだったし、アルバムをいちいち集めるのもお金と手間がかかるもんで…ね(苦笑)

初期の名バラード''Lucky Man''は堅物の評論家が「カール・パーマーのリズムが悪いリズムが悪い」とボロクソに言っていたけれど、彼のドラムは言うほど悪いとは思わない。
そして何より、素材(曲)が良いと思う。

故グレッグ・レイクがソロ名義で発表した''I Believe In Father Christmas''は、予想外の収穫だった。
「天国にも地獄にもクリスマスは必ずやってくる」と歌うこの曲は、もしもこのベストを購入しなければ、私がこの曲を知ることは無かっただろう。
この曲は現在、多くのクリスマスCDに収録されるスタンダード曲となったらしい。
本当に良い曲だと思うし、「レイクは良いソングライターなのだな」とも思った。
それに、クリスマス・ソングを書き、そして歌うということは彼が赤ではない証でもあるのだから、なおさら良い。

「ELPは思ったよりも好みのバンドではないのだな」とガッカリもしたけれど、このベストを買ったのは正解だったなと、今でも思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Best Of ELP Love, Hate and Passion/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる