Reaper Of Souls [ボディのみ]

ここ最近は失望と怒りに苛々している為、なかなか更新する気になれない(苦笑)

その原因は例のコロナ騒ぎをきっかけに起こった買い占めや、全国の電車内で度々起こる馬鹿馬鹿しいトラブル等。

テレビやネットを問わず、その目的が扇動である事を理解すると、色んな意味で嫌気がさしてくる。

前から薄々分かってはいたけれど、ああいう事態に陥るとそういった負の側面が顕著にあらわれるものだ。

今の時代はかつて主流だった扇動媒体がテレビからネットに変わっただけ(とはいえ、日本に於いては未だにそれなりの影響力があるっぽいけどね)で、人々の意識は昔と大して変わっていない。

不安や恐怖であったり憎悪であったり、もしくは倒閣であったりとその思惑は媒体毎に異なるものの、混沌とした情報の渦に誰もが煽られている。

私は揺るがないけれど、その一方で人がこんなにも簡単に混乱するとは思っていなかった。

もう少し理性的だと思っていたのは、私の見込み違いということになるのだろう……と愚痴ったところで前置きはここまで(笑)




今回のメインは、昨日ボディだけ仕上げたミニ四駆であります。
ACEE1920-9454-4984-BEE2-F431AC0804E0.jpeg

私は以前から、「『ヨハネの黙示録』に登場する四騎士をモチーフにしたミニ四駆を作りたい」と思っていた。

正確にはそれらは騎士ではなく馬に乗った者達なのだけれど、個人的には騎士の方がしっくりくるので騎士としておきます。

簡単に説明すると四騎士は終末が訪れる前に現れる存在で、最初に白馬に乗った騎士(支配の象徴)が現れ次に赤(戦争と内乱)、その次が黒(飢餓)、そして最後が青白(疫病)が現れて地上に災厄をもたらすとのこと。

今回作ったのは最後に現れる青白い馬に乗った騎士、つまり疫病をモチーフにしたものです。

この騎士だけは唯一''死''という名前があり、鎌を持った姿として描かれることもありますが、実際に持っているのは長い剣らしい。

しかしそれでも自然と死神を思わせる存在であることは間違いなく、両脇の銀色のパーツは死神が手に持つ鎌を表現しています。

以前ボツにしたマシンの一部を流用して、ようやく納得のいくデザインとなりました。

ちなみに水色のスプラッシュ塗装は、''死によって刈り取られ、四散した魂を表現''したものです。

今後は青白い馬に見立てたシャーシに載せる予定ですが、問題はその色。

青白いシャーシなど生産されていないので、多分ライトグレーあたりで代用すると思う。

残りの騎士達をモチーフにしたマシンは、思いつき次第作るでしょう。

いつになるかは、分かりませんが(苦笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月13日 10:20
こんにちは

混乱してますね。
経済の低迷が心配です。
世名 和正
2020年03月13日 15:55
>トトパパさん

コメントをいつも有難うございます。

混乱と経済の低迷に関しては、どうにもならないって感じですね。
殆どの人がパニックになっているんじゃないでしょうか。