世名 和正のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS マジック・ザ・ギャザリング

<<   作成日時 : 2017/06/13 00:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「マジック・ザ・ギャザリング」はアメリカで誕生した、世界初のトレーディングカードゲーム。
ルールが複雑なうえ、イラストも総じて大人向けなため、日本では遊戯王などのほうが人気(だと思う)だけれど、私は昔から、このゲームが好きだった。

白(光と法、そして秩序の色)と黒(闇と支配、そして堕落の色)、青(空と水、そして精神の色)、赤(火や怒り、そして情熱の色)、そして緑(自然と成長、そして野生の色)から好きな色を選んでデッキを作成し、一対一で戦って遊ぶ(多人数戦も可能)のだけれど、このゲームの楽しさは何年経っても変わらない。
かつての私は黒を好んで使っていたのだけれど、今は白と黒を混ぜたデッキを使用している。

世の中に存在するものの多くは光と闇に分かれていると思うし、天使と悪魔は対であると思うようになったからだ。

ちなみに、私のデッキは「賛美(単独で攻撃するクリーチャーを一時的に強化する能力)」をキーワードにしたものとなっており、比較的低予算に仕上げつつも、実戦的な構築にしてある。

賛美はアタッカーを一体に絞り、残りを守りにつかせることができる能力なので、クリーチャーは攻めと守りの両方をこなせるものが望ましい。

自分のデッキリストはここで書くつもりはないけれど(知らない人が見てもわからないしね)、私のデッキは上記したことを構築した。

金を掛ければ色をさらに増やすこともできるし、デッキ(60枚以上で構成されたカードの束)がさらに強化される可能性があるけれど、私は極力色は2色までと決めている。
何故なら、3色以上にするとお金がかかりすぎるからだ。
マジックを知っている人なら分かるけれど、トーナメント志向あるいは3色以上のデッキはかなり高くつく。
総額は安くても数万円…高ければ何十万円かな。
いくらなんでも、カードにそこまでのお金は費やせない。
金で成り立っている世界で生きている以上、お金は必要なんだから、趣味に掛けられるお金は限られてくる。

それでもマジックは、集めたくなるほどの魅力があるカードゲームだと思う。

近頃はようやく猫デッキを構築してくれと言わんばかりのカードが登場
画像

したので、いつかは猫デッキを作ってみようかなと思う。
まずは、実戦的な猫クリーチャーを把握することから始めないとね(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マジック・ザ・ギャザリング 世名 和正のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる