Love, Hate and Passion

アクセスカウンタ

zoom RSS 大貝獣物語プレイ日記: ブリザランド到達 〜 魔王編

<<   作成日時 : 2018/03/28 03:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

「大貝獣物語プレイ日記: ゼニム討伐後 〜 ブリザランド到達編(http://07355934.at.webry.info/201803/article_10.html)」の続きです。

幻想的な白銀の世界ブリザランド
画像
に到達したら、賢者グレートノームの家へと向かうのだけれど、彼はなんと病に倒れていた。

主人公から来た経緯を聞いたグレートノームは、シェルドラドの中心地ドラドシティーへと通じる秘密の地下道のことを教えてくれるのだけれど、そこの入り口は雪崩で埋まってしまっているらしく、病身のグレートノームでは雪をどかすことができないとのこと。

「頼む!北のアイスマンの村へ行き、薬を取って来てくれ‼」
画像


グレートノームに頼まれ、北の洞窟を抜けてアイスマンの村へ向かう主人公達。

洞窟ではオーラの玉(偽物)にヒビが入るというハプニング(この時のバブの台詞が、なんだか可愛い)が発生する
画像

けれど、この時点ではまだ何も起こらず。

そして洞窟を抜けてアイスマン達(何処となくアメリカのマウント・ラッシュモア国立記念碑を思わせる)に会うと、今度は「グレートノームの病気を治すヒーリンドロップを作るには材料が必要です」と言われてしまう。
画像


ヒーリンドロップを作るには、「めぐすり」と「りゅうのつばさ」、「テレポストーン」、「どろろコンブ」、そして「ホットカイロ」が必要とのこと。

このイベントは詰まる危険性こそ無いものの、なかなか初心者泣かせだと思う。

あらかじめ知っていない限り上記したアイテムなんか持っているワケがないし、それらを売っている店をノーヒントで探すのも大変。

そして再びアイスマンの村に行くには、そこそこ長い洞窟をまた通らなくてはいけないという(苦笑)

ちなみに私も再プレイ時に材料を買い忘れ、いざアイスマンの村に行った際に「あぁ、やってもうた」と凹んだことがある(今回はちゃんと買い揃えてから行った)。

まぁ、そんなことはさておき、5体のアイスマンに指定された材料を渡すと彼らはそれらをクチャクチャと噛み砕き、口移しで混ぜ合わせながら「ヒーリンドロップ」を作ってくれます(笑)

そしてその「ヒーリンドロップ」をグレートノームに飲ませると、彼は雪崩を除去するアイテム「ヒートボンバー」をくれるので、それを持って秘密の地下道へ突入。

いかにも魔物感ありありな怪物達
画像
がいる地下道を少し進むと、ついにオーラの玉(偽物)が破れてしまうのだけれど、その中から出てきたのは当然魔王ではなく、記憶をなくした白いロボットだった。

ロボットは目の前にいる主人公達を一目見た瞬間、「ハッケン、ハッケン!ゴシュジンサマ、ハッケン!」と声をあげ、名前をつけて欲しいと言ってくるので、何か良い名前をつけてあげよう(ちなみに私はロビーにした)。
画像


ストーリーの序盤から暗喩していた通り、玉の正体は宇宙から飛来した謎の球体から射出されたもので、本来は人々を繭に変えてしまう悪の手先なのだけれど、このロボットは例外。

ロボットがお供として加わったらそのまま奥へ進み、魔物に襲われているグレートノームの娘コリコットおばあちゃんを助けると、魔王の復活とお供のロボットと同じ姿をしたロボット達が人々を繭にして何処かへ連れて行ってしまったこと、そしてオーラの玉無しでは魔王を倒すことはできないことを教えられる。
画像


コリコットおばあちゃんは「父なら何か良い方法を知っているはずだから、先に行って待ってるぞい」的なことを言い残していなくなってしまうけれど、まずは地下道を抜けてドラドシティーへ行き、ワープル(一度行った町へ一瞬で行ける、ルーラ的な魔法)の行き先に追加してからグレートノームの家へ行った方が後々楽だと思う。

そして一旦ドラドシティーへ行ったらすぐにグレートノームの家へと直行し、彼から魔王に対抗するには火と水、大気、そして大地の貝が必要
画像
だと教えられるので、今度は貝集めの旅へ出発だ。

私の進め方であれば、漁師の助けで貝獣トリオの1匹クピクピと一緒に大気の貝を釣り上げてもらえば
画像
4つ貝全てが揃う(私の場合は事前にポヨンも仲間にしているので、同時に貝獣トリオも同時に揃う)けれど、集めていない人は「シーマン神殿」と「ポグーの村」の両方あるいはどちらかにも行かなくてはいけない。

まぁ、例え面倒でも出来ることは出来るうちに全部やってしまったほうが、後が楽だと思う。

そして4つの貝をグレートノームによって合体貝にしてもらったら、いよいよ魔王討伐のためにドラドシティーへ向かうのだけれど、その前に重要確認。




「モグールの村」と「アイスマンの村」でスタンプカードを見つけ、「滝の洞窟」とその北にある洞穴から貝獣パタパタと貝獣トンガリを仲間にしたかな?

ウエストサイドでマギーお爺ちゃんのストーカー「マゴー」と魔法合戦を行った?

そして、ポヨンを連れた状態でドラドシティーに出現する雑魚敵「ブルーアイズ」から「魔光線」をくらい、体感魔法「まこうせん」を習得することも忘れずにね。
画像






「モグールの村」と「アイスマンの村」は魔王を倒してしまうと2度と行けなくなってしまい、「ブルーアイズ」と「マゴー」も現れなくなってしまうので、私を含めたやり残し/やり忘れが嫌な人は必ずチェックしておくべきでしょう。

最終チェックが終わったらまずはドラドシティーの城を探索して、魔王の復活と同時に現れるという「愛の剣」を入手。
画像





愛の剣=Sword of Love


「彼は炎のように熱く抱きしめ、口づけをすると、愛の剣で私の身体を貫いた」




うわぁお…ロマンティック(うそうそ)。




…さて、冗談はさておき「愛の剣」を手に入れたら玉座へ行き、封印を破ると魔王「ファットバジャー」が仰々しく現れ、オープニングの印象的な場面について教えてくれる。
画像

画像


魔王曰くさらに強く蘇ったらしいけれど、本作に登場するボスはいずれも大したことなく、むしろ雑魚敵の方が厄介だったりするので特に問題は無し。
画像


「がったいかい」を使用してからでないとダメージを与えられないということを除けば、他のボスよりも打たれ強い程度の相手だと思う(個人的には、国産RPGお馴染みの第2形態よりも、第1形態の方がカッコイイかと)。

「や…やっぱり貝の勇者には勝てへんのかい…」
画像


泣き言と謎めいた言葉(画像は撮らなかった)を残し、息絶える魔王。

その時、謎の飛行船がドラドシティーの城上空から現れ、魔王の肉体を回収してしまった。

「我が名はギャブ・ファー。ファットバジャーを復活させし者…。これからはこの私が、じっくりと死の恐怖を味あわせてやろう…」
画像


ギャブ・ファーは不気味な声でそう主人公達に語りかけると、飛行船は宇宙へと飛び立ち、レーザー攻撃によってシェルドラド全域を焼き尽くしてしまう…。

続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大貝獣物語プレイ日記: ブリザランド到達 〜 魔王編 Love, Hate and Passion/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる