Love, Hate and Passion

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢の話その2

<<   作成日時 : 2018/03/04 06:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

数日前、恐ろしく不吉で…不快な夢を見た。

人工的に整備された港町で、ならず者の集団が通行人達に襲い掛かるというものだ。

その光景を見た私は一目散に走って高層ビルに駆け込み、エレベーターのスイッチを押すが、エレベーターはなかなか降りてこない。

そこで私は階段へと向かって走り、ひたすら階段を上っていった…ところで、私は夢から覚めた。





''…ムカつく夢だな…''




目覚めた直後の私は、心の中でそう呟いた。

あの夢はまさに、通州事件の現代版と呼べる内容だったからだ。

通州事件とは、昭和12年に起こったシナ人による組織的な邦人虐殺事件のことで、同事件の存在が明るみに出始めたのは最近のことだ。
画像


そして反日勢力は、シナ人が行った行為を日本兵がやったとすり替え、大々的なプロパガンダを展開した。
それが、あの南京大虐殺であった。

通州事件についてこれ以上書く気はないが、あの事件を連想させるような夢は、本当に不愉快極まりないものであった。

それがただの夢であろうと、なかろうとも…ね。

そして目が覚めからすぐに私は、あの夢のついて気がついたことが1つあった。





夢で見たあの場所は、横浜のみなとみらい。




あの近辺には、なんとか総連の支部や左に振り切った危険思想を持つ団体がいる。

そしてあの街は度々、駅前で不快な活動をしている団体が街頭演説を行なっている場所でもあるのだ。

通行人のほぼ全てはそれを無視して通り過ぎていくので、その点は安心できるが、やはり横浜の中では比較的左派の活動が活発な地域なのだと思う。

私は、神奈川でテロあるいは暴動が起こるとしたら川崎ではないかと思っていた。

しかし、もしもヤケになった左巻きがMM(みなとみらい)でテロを起こしたら…?

そんなこと考えたくもないが、あんな夢を見てしまった以上、嫌でも気になってしまう。

そしてなによりも気になるのが、あの夢を見たのは今回で2回目であることだ。

それに気がついたのは、目覚めてからしばらく経った頃だった。

1度目はただの悪夢だと、軽く流してしまったのだろう。
見た事すら、すっかり忘れていた。

あの夢で見たことが実際に起こるのかは、わからない。

しかし、同じ内容の夢を2度も見てしまった以上、私は「もうみなとみらいには行けないかもしれないな」と心底思ってしまった。

重ねて書くが、本当に不吉で…不快な夢だった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢の話その2 Love, Hate and Passion/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる