Love, Hate and Passion

アクセスカウンタ

zoom RSS Scorpions / In Trance

<<   作成日時 : 2017/07/01 23:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

Scorpionsはドイツの有名なハードロックバンド。
人気者になる頃には、何の変哲もない普通のハードロックをやるようになったが、初期は暗く叙情的な音楽をやっていた。
陰鬱かつ芸術的なハードロックこそ、彼らの良さであり、個性でもあったと思う。
一般的には'Virgin Killer'が最高傑作と言われているが、私は今回取り上げた'In Trance'
画像

の方が好きだった。
'Virgin Killer'は当時の彼らの個性である叙情性がやや失われ、曲も良いとは感じなかったのだ。
彼らの陰鬱さと叙情性は、'In Trance'がピークだったと言える。
歌詞もハードロックバンドにしてはしっかりしているし、全体的によくまとまっていると思う。
優れたギターテクニックと底辺の歌唱力を併せ持つUlrich Rothが歌っている曲も収録されているけれど、彼の歌う曲は甲高い声質のKlaus Meineとは相性の悪いブルーズロックナンバーなので、問題はない。
ちなみに、ジャケットは「ロックンロールとセックスを結び付きを表現したもの」だそうだ。
女性がギターの上で片乳を出して感じているという、ある種のスキャンダル狙いのジャケットであるが、'Virgin Killer'はのアートワークはさらに過激で、同作のオリジナルジャケットではなんと、全裸の幼児をデカデカと載せたものであった(アメリカでは、発売前からジャケットが差し替えられたらしい)。
そういった意味でも、初期のScorpionsは尖っていたと思う。

[収録曲&管理人コメント]

1:Dark Lady

オープニングを飾るハードロックナンバー。
当時のハードロックの中では、うるさい部類だと思う。
しかしその一方、メロディックなギターパートもあり、うるさいだけの曲にはなっていない。

2:In Trance

暗く、叙情的な表題曲。
アルバムのなかでも、1、2を争うくらい好き。

3:Life's Like A River

Ulrichの叙情的なギターが印象的な、スローナンバー。
歌詞は人生についてを歌っている。

「年が過ぎるにつれて
沈黙との付き合いが多くなる
ものの見方も変わってくる
老いることを怖がることはない
人生は歓びに満ちている
素晴らしい過去を存分に楽しめばいい

昼の時間が短くなって
冬が近づく
人生の速度が段々緩くなる
下流で幅が広がる川のようだ
そこに言葉は意味をなくす
無限の海へ君は今旅立とうとしているのだ

人生は山を流れる川の如く
無限に広がる海の如く」

4:Top Of The Bill
5:Living And Dying

古く薄汚い町で育った孤独な男を歌った曲。

「心の中で
叶わぬ願いが泣いている
生まれそして死んでいく

暗い家の中に
魔法の石がある
魔法の石だ
魔法の石
でも見つからなかった
光が消えてしまっていた
輝きは失せていた
失せてしまった

生まれそして死んでいく
生まれそして死んでいく」

6:Robot Man

シングルヒットしたハードロックナンバー。
こういう曲も良いが、やはりこの頃のScopionsは陰鬱なスローナンバーの方が魅力的だと思う。
歌詞は現代社会を「SFじみた人間社会」と風刺した内容となっている。

「誰か相手をしてくれないか
ロボットとして生きることを定められた俺を見てくれ
凍えて震えているのが分かるかい
どこもかしこもSFじみた人間社会

ああ、ああ
俺はロボット・マン
おお、おお
敗者だ
ああ、ああ
ロボット・マン
心を失い
生きる意味を失い
魂を失った

なあ、これは魔法の街だ
俺達はこの魔法で何をしようっていうんだ
しかもあんた、これは幻じゃない
ロボットめいたこの世界に生きているんだ」

7:Evening Wind
8:Sun In My Hand

Ulrich Rothが歌うブルーズロックナンバー。
彼が音痴であることは曲を聴けば明らかだが、この曲をKlausが歌わなかったのは正解だと思う。

9:Longing For Fire
10:Night Light

ラストを飾る、叙情的なインストナンバー。
Ulrichは全編を通して、良い仕事をしたと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Scorpions / In Trance Love, Hate and Passion/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる